本文へ移動

会長挨拶

令和3年 会長挨拶

   福井県看護協会長 江守 直美

新年 あけましておめでとうございます。

皆様には、お健やかに新春をお迎えのことと心よりお慶び申し上げます。

 2020年は、新型コロナウイルスのパンデミックにより、これまで経験したことのない一年であり、看護職に注目が集まった年でもありました。そして、今なお先の見えない戦いに挑んでいらっしゃる看護職、医療従事者の皆様に、敬意を表しますと共に深く感謝申し上げます。一方、看護界においては、ナイチンゲール生誕200年を記念し、世界30ヵ国で「Nursing Now!」キャンペーンが始まったところでした。

福井県では、COVID-19影響により、「個人防護具が不足している」という医療現場の声を受け、3月、県行政に対し、個人防護具の安定的供給を要望いたしました。その直後に、第1波の「夜の街クラスター」が発生し、4月には一時、人口10万人当たりの感染者数が全国1位になるなど、一気に福井県の医療崩壊が目の前に迫ってきました。

そこで、4月より福井県行政の「新型コロナ対策医療ワーキング会議」に、医師会と共に当協会も参加し、クラスターの追跡や、専用病床の確保、PCR検体採取センターや軽症者宿泊療養施設の立ち上げ等の検討を行いました。特に、当協会では人員不足の医療機関やPCR検体採取センター、軽症者宿泊療養施設、帰国者・接触者相談センターの運営に必要な看護職員の確保や派遣、児童福祉施設の相談窓口での電話対応を行ってきました。また、厚生労働省、並びに公益社団法人日本看護協会の委託事業として「新型コロナウイルス感染症看護ケア対策検討事業」を実施し、医療機関、簡易宿泊施設、訪問看護ステーション、高齢者福祉施設の各領域で役立つ事例集や、ガイドライン、リーフレットを作成しました。

更に、高齢者福祉施設等におけるクラスター発生により、介護職の人員不足に陥った場合の対策として、福井県老人福祉施設協議会の協力を得て、お互いに人材を派遣し、協力し合う体制づくりに着手しました。また、この相互派遣しあう約150名の介護職へ、感染対策を踏まえた介護ケアの実践研修を行い、当協会が作成したリーフレット「高齢者施設等における新型コロナウイルス感染対策 持ち込まない・拡げない」の啓蒙活動にも取り組んでまいりました。

このリーフレットの骨子は、ナイチンゲールの「看護覚え書き」にある「真の看護とは、感染を予防すること」その防御策は、①清潔、②開け離れた窓からの新鮮な空気、③患者への絶え間ない気遣い、賢明で思いやりのある患者管理、です。そして、これこそが、200年の時を超え「withコロナ」時代を生き抜く我々看護職への、ナイチンゲールからのエールに思えてなりません。

2021年は、感染力がこれまで以上に強いと言われる「変異型ウイルス」も出現しCOVID-19との戦いは続きます。このような中、「地域・施設の危機管理体制の強化」を、2021年度の新たな重点政策・事業とし、200床以下の医療機関における感染管理のリーダー育成事業や、地域における新型コロナワクチン接種の協力などに、取り組んでまいります。

最後になりますが、今年の干支は「丑」、ウシは「強さの象徴」であり、「粘り強さ」「誠実さ」を表すそうです。2021年は、会員の皆さまと共に力を合わせて、COVID-19の克服に向けて、粘り強く、誠実に、未知への感染症に強い世の中を作っていきましょう。そのために、協会は職員一同、会員の皆様の声に耳を傾け、課題解決を目指し取り組んでまいります。

会員の皆様、今年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

                                            令和年3月吉日
TOPへ戻る