本文へ移動

看護職を志す方へ

看護職を志す皆さん、ようこそ福井県看護協会へ

 看護協会とは、看護職の職業を専門職業として確立し、看護職の職業的地位を高めるべく保健師・助産師・看護師・准看護師が自主的に会員となり運営している職能団体です。看護職の資質向上のための研修、保健・医療・社会福祉に関する研究、知識の普及啓蒙、社会への福祉等を行なっています。

 当協会のホームページでは、これから看護職の道に進みたいと考えている方のために、看護職の仕事内容、資格の種類、看護大学・看護専門学校などの情報をはじめ、看護に関することについて掲載しています。看護職が活躍する場は沢山あります。また、人と人との心の触れ合うとてもやりがいのある仕事です。求められていることを日々の仕事の中で実感することのできる素晴らしい仕事です。

 このサイトが看護職を志す方に参考になれば幸いです。

看護への道

看護を志す方や、看護学校に進学をお考えの方にいろいろな情報をお届けいたします。
 
【看護職とはどんな仕事】
看護職とは、保健師、助産師、看護師、准看護師の資格を持った人のことを言います。
看護の仕事は、科学的な知識や技術を用いて人々の健康を守り、豊かな生活が送られるようお手伝いをする仕事です。
 
◆保健師◆
保健所や保健センターなどの公的機関で、地域住民が健康な生活を送れるように
さまざまな活動をしています。
産業分野でも産業保健チームの一員として働く人々の健康と安全を守っています。
 
◆助産師◆
出産はもちろん、女性の健康について生涯を通じてトータルサポートする専門職です。
病院や診療所に勤務する以外に、自ら助産所を開業することもできます。
 
◆看護師◆
看護師独自の視点で観察や判断をし、患者さんの生命と生活を支えています。
医療機関のほかに、訪問看護や福祉関連施設など、活躍の場が広がっています。
 
◆准看護師◆
都道府県知事免許により、医師や歯科医師または看護師の指示を受けて、
患者さん、利用者さんの安楽に配慮し、安全に診療の補助と療養上の世話を行います。

看護職の活動の場はいろんなところに広がっています

TOPへ戻る